Make your own free website on Tripod.com


LIVING FACES IN JAPAN 2001+1
Prints of Russia, Lithuania, Estonia, Latvia and Japan

30th July --1st September, 2002
at Suzaka Hanga Museum,
 

Thank you for your visit. Now we are preparing to make a report.
You can see messages from participants and some photos from our exchange project



 
MEETING PARTICIPANTS   POSTER POST CARD REPORT PRE EXHIBITION




 
 
 
 
 

 





DEMONSTRATION




メゾチント
15.6x21.3cm (2000)
STIJMAN Ad
(オランダ)
 
 

Safe printmaking
Vegetable Cleaning Agents & copper sulfate

 There are three ways toxic materials can enter the body: by inhalation, ingestion or through the skin. Preventing inhalation is the most difficult to do. Using exhausts or masks will overcome this problem only partly. Some gas, vapour or aerosol will still be left in the air you and the people around you inhale. What you do not inhale will polute the invironment. Instead of using all kinds of equipment it is better to fight the problem at the source. Introduction of Vegetable Cleaning Agents (VCA) as cleansers for printing plates, brushes, metal, glass and plastic objects in general and copper sulfate for etching zinc plates without toxic vapours will 'solve' most studio related health problems, and is a true contribution to a cleaner environment. 



-------MORE DETAIL TEXTS-------


ドライポイント
30x30cm (2001)

JOEKALDA Virge
(エストニア)
 

ドライポイント技法公開説明

----------ENGLISH----------

I use very simple technique-DRYPOINT. I like it because there has no means or agents between me and plate. It is straight emotion to plate. I like drawing because of the same reason. It is very intime and sensitive and I need it to express me and my feelings.

I use usually offset-plate, or zink or copper. It depends on conditions. Offset-plate is very soft, I can cut and tear it easy. So I get an image on white paper. Usually I use Hahnemule tonepaper ANTIQUE.
I like to have with me some small plates to put my feelings direct to plate, I do not care of transmission late, that is not sufficient honest. It is MY DIARY. I will take and in Japan some plates with me.

----------JAPANESE----------

私は「ドライポイント」という、非常に単純な(凹版で用いられる直接・彫刻)技法を使っています。私は製版をする過程で、「自分と版」との間に何も介在していないことに、自らの版画制作の喜びを見出しています。つまり、ドライポイントという技法は、直接的に版を引っ掻くことで感情表現ができるからです。同様な理由から、私は好んで「ドローイング」もしています。それは非常に親しみやすく、敏感に自分の感情を表現できるので、私にとって必要不可欠な表現手段です。

私は通常、アルミ板(使用済みのオフセット版)、亜鉛板、銅板を版画用の原版として用いています。使用する素材は情況によって異なります。例えば、アルミ板は非常に柔らかい素材なので、私は容易にそれを切ったり引き裂いたりして、白い紙の画面を背景とする一つのイメージを作り上げ、最近の作品に生かしています。通常ドイツの版画用紙のハーネミューレを利用しています。
私は自分の感情を直接版に表現するために、日本への旅行で小さい原版を持って行きたいと考えています。後で刷りをする工程の中で、原版が間接的にそのイメージを反転させて、最終的に版画として異なる表現になったとしても、私は違和感を持っていません。それは正に私の日記なのですから。


ソフトグランド・エングレーヴィング・アクアチント
17.5x20.5cm (2001)

ZUEV Vladimir
(ロシア)
 

ソフトグランドエッチング技法公開説明

----------ENGLISH----------

For creation of my works I use a combination of different etching techniques. It is a soft varnish, engraving by a cutter, aquatint, opened etching. Of course, the most intriguing technique from them is technique of a soft varnish. I put a special varnish on a zinc matrix, I put from above it a thin paper and I make drawing by different ways: a needle, a pencil, and other receptions. After that I take off a paper and continue to draw, using a brush. The structure of drawing become a difficult, receive an additional space.

I do not etch a matrix in bath. I hold it in my hands and put an acid at a surface of a matrix directly by brush. This method helps to receive different etching and to strengthen the space of drawing, of stain. I would tell: the stain begins to breathe.

The following stage is an executing of elements in aquatint technique. Certainly, in this case I make etching in a bath in a special cupboard with ventilation. On it work by acid comes to an end. I make the first proof.

As I name I receive "etude" for the further work. I laboriously begin to engrave fine details with the help of a cutter; I specify lines, silhouettes, tone-contrast, gradually approaching the image to my idea... 

----------JAPANESE----------

私は作品の制作をする際に、異なったエッチングの技法を組み合わせることをしております。ソフトグランド技法や、カッターでの彫りぬき、アクアチント、自由形式のエッチング(OPENED ETCHING)などの技法を用います。
もちろん、それらの技法の中でソフトグランド技法が一番複雑です。亜鉛素材の上に特別なソフトグランドを施します。その上に薄い紙を置いて、様々な方法で絵を描いていきます。絵を描くときは、針やペンなどを用います。その後、紙を取り除き、ブラシなどを使用して、また絵を描き続けるのです。この作業によって、絵の構成はとても複雑で、空間的広がりを見せるようになります。

私は(腐食用)バットなどではエッチングを行いません。自分の手で版を持ちながら、その表面にブラシで酸を直接塗ります。この技法によって、様々なエッチングが可能になり、描いたり傷つけた部分が強化されるのです。つまり、「描いた部分、傷つけた部分が息をはじめる。」といってもよいでしょう。

次にアクアチントによる効果を施すのですが、換気装置の着いた特別の棚で作業をします。その後、腐食をして終了します。

その後、さらに作品を仕上げていくために絵画的な作業を行う必要があります。これがとても困難な作業なのですがカッターで細部の掘り出しを始めます。ラインやシルエットを決め、色彩のコントラストをつけていきます。そうして作品はだんだん私のイメージに近づいていくのです。



PLANNING BY PRINTSAURUS


|TOP|